東芝 F-DLN100購入者の口コミ その2 - 東芝 F-DLN100を安く購入するならここ!

東芝 F-DLN100購入者の口コミ その2

【購入者の口コミ】
エアコンとの併用に最適!

市場がとにかく安くてとにかく風が出るだけの扇風機ばかりになりつつあった昨今、こういった「立体首振り」「自然の風(リズム風)」「リモコン(首振りもリモコン操作可能)」といったバブル期の製品のような高機能扇風機は久しぶり。

高価でしたがうれしくて買っちゃいました。


7段(リズム風は4段)という多段階の風量調節はこれまでの扇風機だと「弱だと物足りないけど中ではちょっと強い」となるシーンも見事にカバー。

リズム風も安価な製品のように単純な強弱のパターンでの運転ではなくかなり複雑に風量が変わり、ずっと風に当たっていても快適です。

微風運転時は7枚の羽根が目で追えるほどのスロー回転で、扇風機本体の目の前に居てもうちわで扇いでいるかのような風。

逆に強運転時は従来の扇風機より風が弱く感じます。


この点からすると、やはり蒸し暑い部屋でぶんぶん回すような使い方は従来型に任せて、やはりこの扇風機はエアコンで室温や湿度を調整しつつも「もうあとちょっと涼しさが欲しい」「ちょっと部屋の空気を循環させてムラなくしたい」といった空調プラスαとして使うべき機種ではないかと思います。

運転音は微風運転時はほぼ無音で風だけがわずかにそよいでくる感覚。就寝時にはこれがありがたいです。

風量を中以上に上げるとさすがに運転音が聞こえますが、昨今の5枚羽根扇風機でよくある「ブーン」というプロペラ音は後ガードに耳を当てるくらいでもしないと聞こえず、「サーッ」という風の音が中心。

ちょうどダイソンの羽根なし扇風機を弱運転させた時に近い感じです。

このため強運転していても音があまり耳障りに感じません。


首振りは本体とリモコンのボタンで縦がON/OFF、横が3種類の角度とOFFが選べるようになっていますが、横の首振りについてはボタンを押すたび「90→70→50→OFF」と切り替わるため、首振りを任意の位置で止めようとしてもなかなか思い通りの位置で止めにくいのが使っていて逆に不便に感じました。

首振りのONスイッチ(角度切替兼用)とOFFスイッチ、といった感じに独立させたほうが良かったかも・・・

また、首振りは全て専用モーターで行いますが、縦首振りはわずかに「ジジジ・・・」という動作音がします。

とはいっても微風運転時でほぼ無音な状態でかすかに聞こえる程度です。横首振りはほぼ無音で動きました。


本体の操作パネルも扱いやすいですが、リモコンで首振りも含む全ての操作ができます。

風量調節は本体がダイヤル式で好みの風量が一発で選べ、リモコンは「↑」「↓」の2つのボタンで風量を上げ下げできます。

普通のマイコン扇風機を中から弱に切り換えると「中→強→弱」と変わりますが、この製品なら余計な強風を吹かせず風を弱くできます。


しいて言えばACアダプタ式なのでコンセント周りに若干スペースが要るのと、余分なコードを収納するような機構がないのがちょっと残念な点でしょうか。

ほとんど欠点らしい欠点もなく、価格に見合った贅沢な機能と性能が満載で、購入し甲斐がありました。


⇒7枚羽根から生まれる新しい風 東芝 F-DLN100はこちらをクリック!

        

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 東芝 F-DLN100を安く購入するならここ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます